CONTACT

Adress
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西8-23-16 コンフォルト吉田1階
※ 東京メトロ東西線『葛西』駅より、環七通りを葛西臨海公園方面へ直進、徒歩10分です。
※ 都営バス『仲町会館入口』停留所前です。

Tel
03-5679-9095
※ ご予約等のお問い合わせは、各診療日の午前10:00よりお受けいたします。
※ 12:30~14:30はご連絡への対応ができない場合があります。

2012年10月30日火曜日

機能的矯正装置② ムーシールド

不正咬合の原因として口腔悪習癖などの機能的要因が挙げられます。

なかでも反対咬合・下顎前突では、

ⅰ)上唇圧の亢進、つまり上唇の圧力が強い。このため上顎前歯が舌側へ傾斜、すなわち内側に傾斜している。

ⅱ)舌が低位、つまり舌が下顎に乗っかるような位置にあり、下顎を前下方に押し下げると同時に種々の舌悪習癖を呈する。

ⅲ)口呼吸が多い。

ⅳ)頬筋圧の亢進、つまり口角~頬の圧力が強い場合がある。これに口呼吸が併発していると上顎が狭窄、つまり上あごの幅が狭くなり、上顎前歯部の叢生犬歯低位唇側転位(八重歯)を呈することが多い。

ⅴ)上下唇咬唇癖、つまり上下唇をくわえ込む癖がある場合が多い。

などの特徴を有します。


ムーシールド MUH Sheild は、柳澤宗光先生により1983年に考案・開発され、1985年に発表された反対咬合治療用機能的矯正装置で、プラスチックに似た硬い素材で成形されたいわゆるマウスピース(正確にはオーラルスクリーンといいます)です。

本装置は、

ⅰ)上唇圧を排除し、上顎前歯を唇側へ誘導する。

ⅱ)舌を挙上、すなわち舌を上顎の方へ押し上げ、舌の理想的な姿勢位へ誘導する。

ⅲ)口唇を閉鎖して使用するので、鼻呼吸を誘導する。

ⅳ)頬圧を排除し、本来の上顎の側方への成長発育を引き出し上顎の狭窄を改善する。

ⅴ)咬唇癖をブロックする。

ⅵ)装置の厚みにより、下顎を後下方へ位置づける、つまり下顎の突出を抑制する。

ⅶ)口唇を閉鎖することにより、下顎前歯を舌側へ傾斜させる、つまり下顎前歯を内側へ傾斜させる。

などの効果を発揮します。

特に、上記ⅰ)とⅵ)およびⅶ)の作用により比較的早期に反対咬合(前歯の逆のかみ合わせ)が改善します。





ムーシールドを使用して反対咬合を改善した症例を以下に示します。

私は2003年暮頃、出張診療先の院長から「日大歯学」という雑誌に掲載されていた記事を見せられ、ムーシールドという装置の存在をはじめて知りました。

本症例は2004年初頭より開始した私にとって初めてのムーシールド治療で、反対咬合治療に本装置を頻用するきっかけとなった症例です。

当時はムーシールドの使用にあたり、装置作製のための型採りを行って模型を調整し、技工所に作製を依頼していました(そのため装置の色が現在と異なっています)が、現在では装置作製のための型採りを行わずにムーシールド治療を行うことが可能となっています。

治療開始時


ムーシールドを装着した状態







治療開始約3ヵ月後









治療開始約1年3ヶ月後

このように、ムーシールドは3歳から使用できるので早期に治療を開始でき、しかも比較的短期間で反対咬合を改善し得るとても優れた装置です。

なお、ムーシールドの使用条件として当院では、毎日夕食を済まし歯磨きを行った後から約2時間就寝中の使用を指示しています。


当院では、成長発育期における反対咬合・下顎前突の治療にムーシールドを積極的に使用しています



下記のWEBページもご参照下さい。