CONTACT

Adress
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西8-23-16 コンフォルト吉田1階
※ 東京メトロ東西線『葛西』駅より、環七通りを葛西臨海公園方面へ直進、徒歩10分です。
※ 都営バス『仲町会館入口』停留所前です。

Tel
03-5679-9095
※ ご予約等のお問い合わせは、各診療日の午前10:00よりお受けいたします。
※ 12:30~14:30はご連絡への対応ができない場合があります。

2017年10月1日日曜日

矯正歯科治療のご案内

矯正歯科治療とは?

ご自分の歯をならべなおして合理的なかみ合わせをつくる治療です。

合理的なかみ合わせを獲得した結果、歯ならびがきれいになります。

小児の場合は、不正咬合の原因となる機能的な問題(舌の癖,口呼吸など)の是正を行い、あわせて、成長発育を利用して上あごと下あごの位置関係の改善をはかります。これにより将来、非抜歯による治療の可能性が高くなり、より理想的なかみ合わせを獲得できます。


天然歯の合理的なかみ合わせとは?

あごを前に動かすとき、上下の前歯のみが接触します。

あごを左右に動かすとき、基本的に動かす方の上下の犬歯のみが接触します。

かみ合わせたとき、奥歯が均一に接触します。

―以上を満たさない場合は、良くないかみ合わせ(不正咬合)です。


不正咬合はなぜ良くないか?

かみ合わせたとき、あごが安定しません

あごが動くとき、接触するべきではない歯が接触します。

ものをかむとき、歯が色々な方向に揺さぶられます

かむ力が一部の歯に集中します。


不正咬合を放置しておくと?

歯の表面の亀裂歯の咬耗・磨耗を生じます。これらはカリエス(ムシ歯)を誘発する可能性があります。

かみ合わせたときあごが安定しないため、顎関節症を生じる可能性があります。

歯の付け根の歯肉が退縮して歯根が露出し、知覚過敏を生じる可能性があります。

歯と歯の間の歯肉の腫れ(歯肉炎),部分的な歯を支える骨の吸収(歯周炎)を生じる可能性があります。

―以上の要因が積み重なり、歯の喪失が早まります


不正咬合の種類は?

上顎前突(じょうがくぜんとつ):上の前歯が突出している状態。

反対咬合(はんたいこうごう):下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態。

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ):上下の前歯が前に突き出ている状態。

過蓋咬合(かがいこうごう):上の前歯がかぶさりすぎて下の前歯が見えない状態。

開咬(かいこう):奥歯だけあたり、前歯が閉じない状態。

叢生(そうせい):歯と歯が重なっている、でこぼこの歯ならび。

空隙歯列(くうげきしれつ):歯と歯の間にすき間がある歯ならび。


以上をまとめると…

不正咬合に対し、天然歯をならべなおしてかみ合わせを安定させ、かんだときの歯および歯を支える骨に加わる力を均一化し、あごを動かすときの歯の揺さぶりやひっかかりをなくして、不正咬合が原因と考えられるカリエス(ムシ歯),歯周病,顎関節症などを可及的に予防し、なるべく一生自分の歯でかめるように口腔内の環境を整備する―これが矯正歯科治療の目的です。その結果、歯ならびもきれいになります。