CONTACT

Adress
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西8-23-16 コンフォルト吉田1階
※ 東京メトロ東西線『葛西』駅より、環七通りを葛西臨海公園方面へ直進、徒歩10分です。
※ 都営バス『仲町会館入口』停留所前です。

Tel
03-5679-9095
※ ご予約等のお問い合わせは、各診療日の午前10:00よりお受けいたします。
※ 12:30~14:30はご連絡への対応ができない場合があります。

2017年5月3日水曜日

グラスファイバーポストレジンコア

より自然で高品質な歯の修復をお望みの貴方へ。

当院ではより質の高い歯冠修復メニューをいくつかご用意しております。

e.max®

Ziruconia UT®

VICERA®


これらセラミクスによる歯冠修復は、いずれも光の透過性(=透明感)が高く天然歯に近い質感を持ち、審美性(=見た目の自然さ)の点で優れています。

しかし、これらの性質を最大限発揮させるためには、支台(=歯をかぶせる土台)の光の透過性が問題になります。

一般的に、支台築造(=歯をかぶせる土台をつくること)は、特に健康保険診療では、銀合金の鋳造体を合着するか、もしくはメタル製のスクリューを芯棒としてその周囲にレジンを築盛し調整することにより行われてきました。

これまでのように金属を中心とした歯冠修復ではそれでも問題ありませんが、セラミクスによる歯冠修復では支台築造で用いた金属が光の透過を妨げて暗い影が映りこむような状態を呈するため、素材の持つ自然な透明感が台無しになってしまいます。

グラスファイバーポストレジンコアは、ガラス繊維でできた歯科用グラスファイバーポストを芯棒としてその周囲にレジンを築盛し調整する支台築造法です。これにより、ジルコニアセラミクスやガラスセラミクスの利点を生かす歯冠修復が可能になりました(下図)。



ファイバーコア 前歯












ファイバーコア 小臼歯












ファイバーコア 大臼歯













グラスファイバーポストレジンコアはセラミクスによる高品質な歯冠修復を行う際の支台築造に必須なものと言えるでしょう。

なお、グラスファイバーポストレジンコアは健康保険適用になりましたが、歯冠修復を自由診療(自費診療)にて施行する場合は支台築造から自由診療にて施術しなくてはならないという取り決めがありますので、セラミクスによる歯冠修復に伴うグラスファイバーポストレジンコア支台築造も自由診療扱いとなります。



※ 画像をクリックすると拡大されます。