CONTACT

Adress
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西8-23-16 コンフォルト吉田1階
※ 東京メトロ東西線『葛西』駅より、環七通りを葛西臨海公園方面へ直進、徒歩10分です。
※ 都営バス『仲町会館入口』停留所前です。

Tel
03-5679-9095
※ ご予約等のお問い合わせは、各診療日の午前10:00よりお受けいたします。
※ 12:30~14:30はご連絡への対応ができない場合があります。

2010年12月9日木曜日

ひとりごと① クルマは洗車していれば長く乗れる?

「クルマは洗車していれば長く乗れる」
これを聞いて皆さんはどう思いますか?

「うん、そうだよね。クルマをきれいにしていれば長く乗れるよね。」
と思う人はいらっしゃいますか?

クルマ(のボディ)には走行する度に、路面からサスペンションを介して、あるいは自身のエンジンやミッションからエンジンマウントあるいはミッションマウントを介して、力の負荷がかかります。

高速道路などの直線が多くきれいに整地された路面を一定速度で走行する場合は、クルマへの負荷は小さく、サスペンションやマウントおよびボディへの負担もその分小さい一方、未舗装道路など路面状態が悪い道路や山岳路や街路などのカーブが多い道路、スピードのアップダウンが多い運転の場合は、クルマへの負荷が大きくなり、サスペンションやマウントおよびボディへの負担もその分大きくなります。

クルマが長持ちするかどうかは、クルマをきれいにしているかどうかよりも、使用状況や使用状況に応じたメインテナンス、つまり、オイル管理やゴムホース類の管理のみならず、サスペンションやマウントなどの消耗部品の適宜交換が重要になるようです。


では、口腔内はどうでしょう。

「歯みがきをしていれば歯や歯肉(歯周組織)は長持ちする。」
これはどう思いますか?

「うん、そうだよね。歯磨きしていれば長持ちするよね。」
こう思う人、多いのではないでしょうか。

口腔内も、モノを噛むという咀嚼「機能」を果たしている以上、歯や歯周組織および顎関節には負荷がかかります

つまり、クルマも口腔内も「機能する構造体であり、常に負荷がかかる」という点では共通です。

この視点から鑑みれば、歯ならび・噛み合わせが良く、噛む力に対する歯や歯周組織への力の負担が整っている場合と、歯ならび・噛みあわせが悪く、一部の歯や歯周組織に力の負荷が偏ってしまっている場合とでは、歯や歯周組織の長持ち度・安定度には差があると考えてよいと思います。

福井歯科では、整った歯ならび・噛み合わせは、口腔内の安定にとってかなり重要なファクターであると考えています。歯を削らずに整った歯ならび・噛み合わせを得られる矯正歯科治療をお勧めするのもこの点からです。


もちろん、歯みがきによるプラークコントロールは口腔内の安定にとっては必須条件です。歯みがきで口腔内の細菌数を減らすことは、カリエス(むし歯)や歯周病が細菌感染により生じることから鑑みて、重要であることは間違いありません。

クルマの保管場所を未舗装駐車場よりも舗装駐車場、青空駐車場よりもガレージとするほうが、クルマが長持ちするのと同じですね。